free mental place 航

”自由なこころの空間”を提供する カウンセリングルームです

愛知県一宮市今伊勢町新神戸
郷浦11-1明和ハイツ203号
                  TEL.0586-43-0848

ねえねえちょっと

大学時代の女子会面倒

今回のねえねえちょっとの相談は、僕も年二回高校時代からの友人達と飲み会をしてる経験も踏まえ、考えてみたいと思います。

大学の同級生の女子会に行くのがおっくうです。
私は二十五年前に三重県に嫁ぎ、私以外の五人は郷里の兵庫県にいます。
女子会は半年に一度ですが、場所は兵庫か大阪。
往復の交通費や時間などを考えると大変で、「たまには三重か愛知で」と誘っても、お茶を濁されます。
もう行くのが嫌ですが、付き合いは続けたい。
どう伝えればいいでしょうか。

以前は僕も京都までよく出掛けてましたので、兵庫か大阪まで行く時間と交通費を考えるとホント大変ですよね。
もう行くのが嫌になるのもよく分かります。
かといって、長い時間をかけた付き合いも続けたい。
よく分かりますね。

さて、どう伝えればいいかですが、
コミュニケーションの基本は、本音を分かりやすく、端的に、です。
とは言っても、角が立ってはもちろんダメです。

まずは、どれだけの時間と交通費がかかっているか、
目で見て分かるように説明してみて、
長年自分がいかに頑張って(我慢して)きたか、分かってもらいます。
我慢してないと思うかもしれませんが、
理性で押さえつけてるだけで、負担というものは貯まっていくものです。
それが、いずれ爆発してしまう。
溜め込むという行為はそんな自然の流れです。
自分自身に言い聞かせる、それは既に我慢しているとなるのです。
誰かの犠牲の上に成り立っている関係は、いずれ必ず破綻します。
そうなる前にガス抜き、見直しが必要になってきます。
とはいっても、なかなか難しいものです。
人は誰もが面倒事は反射的に避ける傾向があります。
まさにお茶を濁す、です。
ですから、落とし所をどこにするか予め考えておきます。
ここまでは妥協できる、そんな最低ラインです。
最初は高めの要求を提示してみて、そこから要求を落とし、こちらも妥協しましたよ、
なんてアピールできればいいかな、と。
もちろん、曖昧でなく具体的に、です。
まとまればオッケーですが、まとまらなければ撤退しかないかもしれません。
現実問題、五対一ですのでこちらの方が可能性は高いでしょうね。
多数決とはそんな仕方ない、ある意味理不尽なものなんです。
そんな時は、誰かを悪者にして仕方なく感をアピールするのもありかな、と。
もちろん、身内の誰かをですよ。
まあ、旦那さんを悪者にするのが一番いいでしょうね。
噓も方便です。
実はこうこうこうで、本当は参加したいんだけど、ごめんね、と。
行ける時もあるかもしれないから連絡はしてね、なんてしれっと言えれば御の字かと。
結びつきが強化される一番の近道は共通の敵を作ることです。
それを上手く利用して、関係を維持する方向にもっていく。
まあ、長年の付き合いでしょうから家族関係もお互い把握しているかもしれませんが、そこは臨機応変で。

食事中常にスマホの夫

今回のねえねえちょっとの質問は、最近よく見かける景色であり、
同じことを思っている方も多いのではないでしょうか?
ちょっとだけ考えてみませんか?

夫は食事中、常にスマホを操作しています。
外食時もスマホでニュースを見ているようです。
目線は常にスマホ画面。
食卓を挟んで正面に座っている私にとっては、とても気分が悪いです。
二歳の子どもがいるので、食事中は会話を楽しみたいのですが。
夫にはどのように声をかけて、やめさせればよいでしょうか?

冒頭でも書きましたが、見慣れた景色とはいいつつも、
違うことを考えてる相手にとってはあまりいい気分ではないですよね。
この方のように、とても気分が悪い、そのように感じているのではないでしょうか?
同じ考え方同士なら同じ行動を取るので全く問題はないのですが。

さて、どのように声をかけ、やめさせればよいでしょうか?とのことですが、
小細工はしない方が良いと思います。
例えば、子どもが寂しがってるとか、教育に悪いとか、
誰かの為に、あなたの為を思って、
なんて意見は建前が見え隠れしているので、鋭い人には一瞬で見透かされます。
本当は誰の為、と。

素直に、あなたが感じてること、思ってることを、
端的に、分かりやすく伝えるのがいいと思います。
食事中は会話を楽しみたい、と。
もちろん、会話ですので、お互いに話題を提供しなければなりません。
相手は今の現状に満足しているわけです。
今の現状をなんとかしたいと思い立った人から動くしかありません。
だって、満足している人が動くわけありませんよね。
ですから、まずはあなたから働きかけるしかありません。
最初は強引かもしれませんが、動きだすのはそれぐらいがちょうどいいです。
動きだしさえすれば、自然と流れていくと思いますよ。

生活苦の姉が金の無心

今回のねえねえちょっとの内容は個人的にも思うところがあり偏った内容かもしれませんが、そこも含めて読んでいただければ幸いです。

一人暮らしを始めた姉が、多いときは週に2~3回、私のところにお金を借りにきます。
食費や娯楽費が自分の給料では間に合わないとのこと。
私自身も給料が少なく生活は苦しいのですが、助けてあげたくて何度かお金を貸しました。
でもそのことは両親には内緒です。
姉から私の携帯に電話が入るたびに苦痛です。

身近な人が困っていたら、なんとかしたいと思ってしまいますよね。
でも、人が人にできることは本当に限られた事しかありません。
例外はありません。
ギブアンドテイク、お互いイーブンでなければいずれ破綻します。
一方的に我慢を強いられるなんて、耐えられるわけないですよね。
貸したものは返さなければならない、
当たり前だと思っているかもしれませんが、
それができるなら、そもそもお金に困ることなんてありません。

さて、そんなことは既にこの方は理解しているのではないでしょうか。
両親と姉は既に揉めている、
自分の行為を知ると両親に怒られるから内緒にしている、
姉に口止めされている、
そんなとこではないでしょうか。
いずれにしても、誉められた行為ではないと自覚しているのではないでしょうかね。
食費や娯楽費、
思うところがあるような気がします。

さて、あとは覚悟の問題です。
このまま続けるなら、貸しではなく援助と自覚するしかありません。
今は返してもらえてるかもしれませんが、近い内返ってこなくなるでしょう。
既に返ってきてないかもしれませんが・・・。
もう嫌だ、
そう思うなら、キッパリ断るしかありません。
ただし、貸したものを返してもらう、
そんな甘い思いはサッパリ忘れたほうがいいでしょう。
なんとかなるなら、週に2~3回も借りにきません。
自分の行動は自分で責任を持つ、
当たり前のことですが、他人が関わると忘れがちになってしまいます。
貸したのは自分の意思、
返すのは相手の意思、
相手に委ねている以上、返ってこなくても仕方ありません。
キズはより浅いほうが治りが早いです。
少しでも、早めに処置をすることをお勧めします。

義母が植え込み私物化

今回は ねえねえちょっとの質問を考えてみたいと思います。

義母が自宅前の歩道の植え込みを私物化して困っています。
初めは花を植え、最近は苗木を植え支柱まで立てて、自分の庭のようにして手入れを楽しんでいます。
近所の方は、「きれいだね」と褒める方もいますが、「ちょっとやり過ぎ」という声も聞こえてきます。
義母は自分は正しいと思っているので、家族の意見は聞きません。

なかなか難しい問題ですよね。
自分が正しいと思っているなら、それを自分が止めるなんてありえませんよね。
だって、正しいんですもん、本当かどうかは別として。

さて、そんな自分は正しいと思っているらしい義母の行動をどのように止めさせたらいいのでしょうか?
と、勝手に止めさせたいと書いてしまいましたが、そこまで書かれていませんがその流れで進めたいと思います。
といっても、最終的にはどうするかになるとは思いますが。

家族の意見を聞かないので、それなら意見を聞かなければならない立場の人に登場してもらえばいいんです。
つまり、本来の所有者である、役所関係の方に。

告げ口みたいで嫌だと思うかもしれませんが、
そこで話しあえばいいのではないでしょうかね?
義母には義母の言い分があるでしょうから。
ダメならダメ、良いなら改めて許可をもらう。
それでスッキリするんではないでしょうかね。

自分でダメで止めず、使えるものは使う、
問題を解決する一つの手段として活用してもらえば幸いです。

夫と常に一緒 息詰まる

今回もねえねえちょっとの質問を考えてみたいと思います。
人間関係が拗れるのは関係が近ければ近いほどと念頭に置いてもらって読んでもらえれば幸いです。

夫のことを、うっとうしく感じます。
自営業の夫は二十四時間家にいるので、息が詰まりそうです。
娘二人はすでに嫁いでいるため夫との会話は少なく、テレビを見る時も別々。
私も更年期障害なのか言動にイライラしてしまい、ご主人が会社員の友達をうらやましく思ってしまいます。
こんな私は心が狭いのでしょうか。

さて、本当に難しい問題だと思います。
関係が近くない間柄なら、うっとうしく感じる相手とどのように接しますか?
なんとか上手くやっていく、なんて優秀な解答をされる方もおられるかもしれませんが、
正直、面倒くさくないですか?
ちなみにあくまでも僕個人的考え方ですが、身近でないなら関わらないようにしますかね。
だって自分自身の精神衛生上好ましくないですしね。
当たり前の事なんですが、自分を一番大事にしなければなりません。
でなければ、問題は拗れる一方です。

ですから、拗れちゃうんです、関係が近ければ近いほど。
だって、関わらないわけにはいかないですからね。

更年期障害かどうかは分かりかねますが、言動にイライラするのは普通の事だと思います。
うっとうしく感じる相手と接する時は。

ご主人が会社員の友達をうらやましく思ってしまうとの事ですが、
だからといって、自営業のご主人に会社員になってもらいたいんでしょうか。
違いますよね、今までの生活と今後の生活もありますから。
いきなり会社員になるなんてご主人に言われたら困っちゃいますよね。

となると、現実的な問題、自営業のご主人が二十四時間家にいるのは仕方ないことではないでしょうか。
それが今までとこれからの生活を支える仕事である以上。
相手が変わらない以上、自分が変わるしかありません。
というか、相手が変えれないと言い直した方がいいかもしれませんね。

この方がどのような生活パターンをされてるか分かりませんが、
自分だけの時間を作るようにすればいいのではないでしょうか。
自営業ですので、専業主婦とは思えませんが、 もしそうならパートに出るとか。
一緒に自営業をされているのなら、休みの時に習い事に出掛けるとか。

でも、ちょっとだけ考えて下さいね。
条件はお互い同じなんです。
相手も同じ思いを抱いているかもしれないんです。
というか、お互い様の可能性が大きいですが。
物事は常にお互い様なんです。

ですから、歩み寄ってみるというのもあるとは思います。
思った方が負け、なんて言葉があったかどうか定かではないですが、
思ってしまった以上、歩みよった方がいいかもしれないですね。
歩み寄る事によって、変化は起こります。

歩み寄る、会話をすることですね。
なんでもいいんです、
そのうち、言いたいことを言ってしまう、
それでいいんです。
喧嘩になってしまう。
いいんです。
といっても、暴力はダメですよ。

解決すれば、
お互いにお互いの距離感が分かります。
高望みでもなく、ないものねだりでもない、
現実に適した距離感が。

 

高2の長男が不登校

今回のねえねえちょっとの質問はなかなか難しい問題だと思います。
難しい問題ですが、少しだけ考えてみたいと思います。

高校二年生の長男は、高一の三学期からほぼ不登校です。
いじめなどはなく、本人もどうして学校に行けないのか分からないそうです。
小さいころから頭は良かったのですが向上心はなく、今では勉強は無意味で将来のことなどどうでもいいと言います。
カウンセリングにも通っていますが、様子見の状況です。
このままだと退学せざるを得ません。
今後どのようにしてあげればいいか悩んでいます。

さて、今まで普通に出来てた日常生活がいきなり変わってしまった時、なにかしら理由を知りたい、
身近な人がそんな状況に陥ってしまった時、誰だってそう考えるでしょう。

確かに理由を求めるのはとても大事な事です。
ですが、理由がない、
そんな事も世の中には多々あります。

では、今回の質問ではどうなんでしょうか。
文面から察すると、実際のところは分かりませんが、これといった理由はなさそうです。

ただなんとなく休み出してしまい、それが続いてしまって学校に行きづらくなってしまった。
だから勉強は無意味で将来のことなどどうでもいいと言い、
もうどうでもいいからと投げやりになり、現実逃避をしている、そんな状況ではないでしょうか。

一度止まってしまうと、再び動き出す時の負担は相当なものです。
幸いな事と言っていいかどうか分かりませんが、
学生時代はそのような事は個人的になかったのですが、
社会人になってからバイクで事故ってしまい、数か月仕事を休んでいた時期がありました。
出社が決まった時の負担は当時は相当なものでした。
周りに迷惑をかけまくったので、周りの目も非常に気になっていました。

でもそれは仕方ないことなんです。
同じ人間である以上、
誰だって思考し、感情を持っているものです。
ですから物珍しい目で見られる、厳しい意見も言われる、
そんな視線も意見も仕方ないものなんです。

ですが、それも最初のほうだけ。
しばらく続きさえすれば、日常となり、そんな視線も意見もなくなります。

よい例が幸いなことに世の中にはあります。

世間を騒がせた芸能人も
しばらくすると普通に出ていますよね。

世の中そんなものなんです。

冷めた意見ですが、
世の中それほど他人に興味があるわけではないんです。
色々と面白いことがどんどん出てくるものなんです。
ですから興味があるのは最初だけ、そんなものです。
自分が思っている以上に
自分が問題視していることは
他人からしてみると
大した問題ではないんです。

さて、これはあくまでも
僕個人の考えと個人的体験による意見でしかありません。

今後どのようにしてあげればいいか悩んでいます、
との事ですが、
まずはあなたとしてはどうして欲しいのか、
それを冷静に簡潔に伝え、
それに対し、
息子さんはどうしたいのか、
それを大人として客観的に見て、
感情論ではなく、起こりうるであろう事実として話し合うのがいいのではないでしょうか。

残念な事に
限られた時間でしか選択できないものもあります。
何かを選択するということは
何かを選択しないということでもあります。

ですから、選択しなかったという後悔は常にあります。

悩み多き年代ですが、
悩みが悩みを生み出し、迷走してしまわないように・・・。

 

家事のやり方で妻怒る

さて、今回のねえねえちょっとの質問もまた、興味深い相談内容だと思います。
考え方の一つとして読んでもらえれば幸いです。
それでは、

妻と家事のやり方が違って、怒られるので困っています。
せっかく手伝っているのに、「洗濯物のたたみ方が違う」とか、「水を出しっぱなしにして食器を洗うな」とか小言ばかり言われて、私も子どももビクビクしながら生きています。
どうすれば妻の機嫌はよくなるでしょうか。

これは、正直、それほど難しくない問題だと思います。
少しキツイ指摘をしますが、手伝っているのか、邪魔をしているのか、たったそれだけではないでしょうか。

自分本位で相手の手伝いをする、
あなたはそんな事されたらどう思いますか?
余計仕事を増やされたと思いませんかね、
少なくとも僕はそう考えてしまいますね。
いやいや、やり方聞けよ、なんて思いながら・・・。

家事を手伝う、とても素晴らしいことだと思います。
が、相手が望んでいないやり方は逆にイライラさせるだけです。

ですから、相手はちゃんとどうして欲しいか言っています。

「洗濯物のたたみ方が違う」
「水を出しっぱなしにして食器を洗うな」
その通りに手伝えばいいだけです。

ちゃんと言われたようにさえすれば、機嫌が悪くなるはずありません。
むしろ、機嫌がよくなるでしょう、
だって、ちゃんと自分の望むように手伝ってもらっているんですから。

何に基準を置くか、
そこが重要ではないでしょうかね。

社長室での喫煙が苦痛

今回のねえねえちょっとの質問を考えることによって、色々な場面で応用が出来ると思いますので、是非とも参考にしてもらえたら幸いです。
では、早速。

小さな会社で社長秘書をしています。
社長がヘビースモーカーで、受動喫煙に悩んでいます。
事務所内は禁煙ですが、社長は社長室でたばこを吸います。
ぜんそくやアレルギーがある私は煙や臭いだけで息苦しくなります。
でも社長には良くしていただいており、本人には言えません。
我慢するしかないでしょうか。

これは本当につらいですよね。
ぜんそく、アレルギーがあるとはいえ、良くしてもらっている人にはなかなか嫌とは言えないですものね。
ましてや相手はヘビースモーカー、嫌がるの分かってて止めてくださいとは言い出しづらいですよね。
その流れで、自分さえ我慢すればなんとかなるって考えてしまったのも仕方ないですよね。

でも、ちょっと考えてみて下さい。

最終的には、なんともならないから、”我慢するしかないでしょうか”という自分を納得させる作業が必要になってしまっているんです。
本当に納得できてるなら、そのような行為は存在しないはずなんです。

となると、既に我慢の限界にきているんです。
本人は気づきにくいことなんですが、そのような状況の時には案外ちょっとした態度で不満が出てしまったりします。
意識して押さえようとするにも限界はあるんです。
目は口ほどに物を言う、でしたっけ、無意識というものは正直なんです。
純粋に自分自身を守りますから。

相手に言えないのも分かりますが、
相手に言わなければ何も変わりません。
相手もあなたに迷惑をかけている事すら気付きません。
となると、なんとかしたいと思った方が言い出さなければ物事は何も進みません。

他人と関わる以上、一方的な関係というのは必ず不満を抱くものです。
最初はいいんですが、いずれなんで自分ばっかり、なんてどうしても思ってしまうものです。
でも、あえていうなら、自分勝手に、関係を一方的にしてしまっているんです。
相手に言うぐらいならとか、相手にやってもらうぐらいならとか、自分で片付けた方が楽に思う事って多くないですか。
なんて言っている僕自身もその思考は強い方ですね。人の事をとやかく言えません。

まずは相手に伝えてみましょう。
お互い様、です。
話し合うことによって、お互いにちょうどいい落とし所がみつかるはずです。
もちろん、自分が言われて嫌だなって言い方は関係を悪くします。
どうしても我慢の限界を越えてしまった後には自然とキツい言動になってしまいます。
それは仕方ないことです。
だって、限界越えちゃってますから。
ですから、あえて意識して自分が言われて嫌ではない話し方で伝えてみましょう。
理想は、思った時に、短く端的に用件を伝える、です。

投影〜前回の続き〜

さて、今回は前回のねぇねぇちょっとの内容を心理学用語を使って、検証したいと思います。非常に分かりやすいと個人的に思いますので、是非お読み頂ければ幸いです。

投影という心理学用語があります。どのような内容かというと、書いて字のごとく”影を投げる”、つまり”自分が持っている不快な思考や感情を吐き出し、相手に投げる”となります。

あるものはある、ないものはない、当たり前ですよね。では、相手が思っていないことを自分が感じているっておかしいですよね。ないのにあるんです。もちろん、相手が気を使い、本当の事を言わないってのもありますが、相手の心が読める超能力者でもなければわかりません。

前回の内容に、”お酒好きな人は、私と一緒だと楽しめないのでは”と気になります、とありました。

実際、事実は確かめないとわからないんです。わからない以上、ないんです。では、楽しめないのでは、というのはどこにあるんでしょう。自分の中に、ですよね。自分が楽しめさせられない、と置き換えてもいいかもしれません。

“とりあえずビール”も苦手。苦手という後ろめたさのような感情が、周りと違うという違和感を感じているんです。

周りが違和感を抱くのではなく、自分が違和感を感じているんです。勝手にとつけると分かりやすいかもしれませんね。

弱くても好き、そんな自分をありのまま受け入れ、周りにも確認し、受け入れてもらう。まぁ、自分が思っている以上に周りは気にしていないものなんですが、確認をとり、自分自身納得できればいいのではないでしょうかね。

弱いが飲み会行きたい

今回も、ねぇねぇちょっとの質問を考えてみたいと思います。内容がなかなか興味深く、解りやすく心理学用語も説明できると思いますので、今回は質問を考え、次回に心理学用語を交え説明等してみたいと思います。知識としてあるだけでも色々なケースに対応できるのではないかと個人的には思います。それでは、お付き合い下さい。

お酒は弱い方ですが、飲み会は好きな会社員の女性です。誘われれば行きますし、自分から企画することも。友人や同僚は酒豪が多く、”お酒好きな人は、私と一緒だと楽しめないのでは”と気になります。一杯目の”とりあえずビール”も苦手。周りに違和感を抱かせることなく、ビール以外を注文する方法はありますか。

さて、周りに違和感を抱かせることなく、ビール以外の注文をしたい、と望んでるわけですが、周りを巻き込んでしまうのはどうでしょうか。つまり、お酒の注文は自分で取りまとめ、こっそり店員さんに自分のだけノンアルコールビールにしてもらうように図ってもらう、です。お客商売ですから、店員さんも仕事として対応してくれるでしょうし、周りも気づかないのではないでしょうか。気づかなければ違和感も感じませんしね。

そのままの自分を相手に受け入れてもらう、そのままの自分を自分で受け入れる、というのもあります。お酒が苦手でも飲み会が好き、そんな自分に本当に周りは違和感を感じているのか、実際聞いて確かめてみるのもいいのではないでしょうか。多分ですが、誘われるという事実があるので周りは気にしていないような感じがします。それが出来たらすごく楽になるのではないでしょうか。ここは次回にはもう少し詳しく触れてみたいと思います。

しかし、少しだけ気になることがあります。お酒は弱い方との事ですが、一杯目も苦手という点です。もしかするとですが、体質的にアルコールを受け付けないということはないでしょうか。昔聞いた話しですが、アルコールを分解する酵素だったかそんなものがあるかないかって個人差があるそうです。元々アルコールって毒みたいなものですから、分解する酵素を持ってる動物である人間だけが嗜めるって、中学時代に塾の先生であるお医者さんが言ってました。違っていればいいのですが、少し気になりましたので触れておきます。

さて、それでは次回は心理学用語を交えて検証したいと思います。